Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock

You may also like

夢の吊り橋
長さ90m・高さ約8mの吊橋で寸又峡の象徴的存在。大間ダムでせき止められたエメラルドグリーンの湖面を眼下にし、歩く部分には簡単な板を渡しただけで、進むにつれ少し揺れるのでスリル満点である。遊歩道の途中にはこの吊橋を見下ろす地点があり、絶好のカメラアングルとなっている。トリップアドバイザーの企画「バゲットリスト」の「世界の徒歩吊り橋10選」に選ばれた。
2014
青海島観光汽船
海岸の美しい眺めが魅力の青海島は、周囲約40kmで、北長門海岸国定公園の中心部にあり、別名「海上アルプス」とも呼ばれています。大自然がつくり上げた洞門や石柱などの岩の芸術作品を遊覧船で、たっぷりとご覧いただけます。
2020
メタセコイアの並木
メタセコイア並木は、マキノ高原へのアプローチ道として全長約2・4km、ただひたすらまっすぐと続く並木道。約500本のメタセコイアの木は樹高12mにも及び、天に向かって幹を伸ばすそのたくましさに、誰もが絶賛するはず。また季節によって趣も異なり、新緑がまぶしい初夏やムード溢れる紅葉時、雪化粧した冬の姿も格別。
2017
明石海峡大橋
明石海峡大橋は、神戸市垂水区と淡路市岩屋を結ぶ世界一の長さの吊り橋です。橋の長さは3,911mでギネスにも認定されていてます。明石海峡大橋の魅力は、世界一のスケールをほこる壮大なスケールの橋そのものの美しさと周辺の景観です。 普段は通ることができない明石海峡大橋の管理用通路を通って、神戸・舞子から淡路島まで歩いて渡る約4kmの海上ウォークを体験できるイベントです。
2013
空の駅・余部鉄橋
余部鉄橋は、全長310.6m、高さ41.5m、建設当時(明治45年)トレッスル式鋼橋としては東洋一を誇った余部鉄橋。平成22年にコンクリート橋に架け替えられましたが、今も“空中列車”の眺めは健在。現在も残っている3本の余部鉄橋の橋脚は、展望施設「空の駅」として利活用されている。
2013
雨晴海岸と立山連峰
雨晴海岸は、海と立山連峰を望む、富山を代表する景勝地。白い砂浜と青松が続く海岸からは、荒々しい岩礁と富山湾、その向こうにそびえる3,000m級の立山連峰を眺めることができる。その見事な風景は万葉の歌人・大伴家持にも愛され多くの歌に詠まれたほどで、季節や時間帯によって刻々と表情を変える絶景は一見の価値あり。冬には海面から立ち上る水蒸気「けあらし」が起こることでも有名。越中国分駅から雨晴駅間の路線は海岸のすぐ横を走り、時間が合えば海と山を背景に電車が走る珍しい光景を見られます。
2021
佐用町ひまわり畑
佐用町では漆野(段)、宝蔵寺、林崎、東徳久、西下野、漆野(本村)、宝蔵寺の7地区で合計約130万本ものひまわりが咲き誇る圧巻の景色楽しむことが出来ます。また南光地区ではひまわり祭りが行われ、花火や迷路などさまざまなイベントが開催されます。
2016
琵琶湖疏水と桜
琵琶湖疏水は、琵琶湖の湖水を京都市へ流すために作られた水路(疏水)で国の史跡に指定されています。
2015
日本三大秘境・落合集落
落合集落は、東祖谷のほぼ中央、祖谷川と落合川の合流点より山の斜面にそって広がる集落である。集落の起源は明らかになっていないが、平家の落人伝説や開拓伝承などが祖谷地方には残っている。集落内の高低差は約390mにも及び急傾斜地に集落を形成している。江戸中期から昭和初期に建てられた民家や、一つひとつ積み上げた石垣と畑などの光景は、なつかしい山村の原風景を醸し出している。平成17年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
2019
龍王ヶ渕
龍王ヶ渕は、大和富士「額井岳」の山腹、標高530mの山中に頂から流れる小川の水や湧水を自然に貯めた神秘的な池です。古くから貴重な水源、信仰の地として大切に守られてきた池であり、風が無いと鏡のようになった水面に周囲の山を映すことから、アマチュア写真家などにも人気がある場所です。駐車場の近くに休憩所(東屋)があるほか、奥には堀越神社があり、豊玉姫命が祀られています。また近年、遊歩道と橋で池を一周できるように整備されました。遊歩道の途中は場所によっては湿原のようになっているのですが、足場が悪いところもあるので注意が必要です。神社の立て看板があり、釣りは禁止されています。(理由は書かれていませんが、堀越神社の神域であるためと思われます。)
2018
Back to Top