Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock
Buy on Adobe Stock

You may also like

浜野浦の棚田
玄海町の北西部に位置し、浜野浦川の下流域にあります。棚田は、玄界灘に面した海岸から駆け上がる階段のように、斜面を幾重にも連なり、自然の景色を映し出します。特に代かきから田植えの時期には夕陽がオレンジ色に染まり海と水田とあぜ道とが描く造形美は一段とすばらしいものです。棚田の規模は、11.5Ha、283枚です。畦畔は石積みで戦国・江戸時代から延々と受け継がれてきた棚田です。
2021
七ツ釜
国の天然記念物にも指定されている七ツ釜は、玄武岩がその波の荒々しさで知られる玄界灘の荒波にさらされ浸食されてできた景勝地です。断崖は深くえぐられ、その名の通り7つの洞窟が並列し、自然の驚異を感じさせてくれます。最大の穴で間口が3m、奥行きが110m。七ツ釜の上は草原となっていて展望台や遊歩道が整備され、多くの観光客で賑わっています。
2021
奥大井湖上駅と井川湖畔遊歩道
奥大井湖上駅は、湖に浮かぶ小さな駅。長島ダムの建設に伴い誕生したダム湖(接岨湖)の左側につき出た半島状の場所に立地。その半島の両脇には井川線(南アルプスあぷとライン)のまっすぐ伸びる橋梁「奥大井レインボーブリッジ」が架かり、まるで湖の上に浮かんでいるかのように見えるとても不思議な駅です。また、橋梁脇の通路を渡って撮影ポイントに行けます。季節によって様々な表情を見せます。廃線小路は、井川ダム建設当時の資材搬入駅(旧堂平駅)へと続く廃線部分を、線路を残したまま整備した遊歩道で、平成25年10月28日にオープンしました。大井川鐵道井川駅から少し歩いて井川ダムの中部電力井川展示館を過ぎると廃線となった線路が見えてきます。線路の上を歩くことができるコースで、短いトンネルもあり、ちょっとした冒険気分でハイキングが楽しめます。廃線から見る井川湖の景色は最高です。
2019
九十九島 展海峰
佐世保市内からちょっと足を伸ばしたところにあるビュースポットです。佐世保市周辺に点在する展望台の中ではより近くに九十九島が望め、遊覧船「海王」の姿もハッキリと見えるほど。敷地内は花の名所としても知られ、春は15万株の菜の花、秋も15万株のコスモスが咲き乱れ、家族連れで楽しむ姿が多く見られる。
2015
黒部峡谷トロッコ電車
黒部峡谷鉄道は、飛騨山脈を立山連峰と後立山連峰に分断する極めて大規模な峡谷。国の特別天然記念物及び特別名勝指定。日本三大渓谷、日本の秘境百選の一つにあげられている。黒部峡谷鉄道は、トロッコ電車に乗って片道1時間20分の大自然の旅ができる鉄道です。春の新緑、夏の清流、秋の紅葉といった四季折々の見所が満載。いくつもの橋やトンネルを抜けながら大自然を駆け抜けます。途中には黒薙川に架かる高さ60mの後曳(あとびき)橋、鐘釣(かねつり)温泉の秘湯露天風呂、紅葉の名所として知られる錦繍関といった絶景がいっぱい!
2014
末広橋梁
四日市港の近代化の担い手として昭和6(1931)年に完成。全長58m、幅4m、中央の桁部分16.6mを橋脚上に立つ高さ15.6mの鉄塔頂部からワイヤで巻き取り80度に跳ね上がる仕組みです。現存する可動橋では日本最古のもので、日本で唯一の現役で稼動中で、1日に5~10往復の貨物列車が通ります。末広橋梁は平成10年、国の重要文化財に指定されました。
2020
赤目四十八滝の絶景
赤目四十八滝は、約4kmにわたって様々な滝が現れる滝川上流の渓谷。中でも赤目五瀑と呼ばれる不動滝、千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝は景観美がよく必見です。
2013
佐用町ひまわり畑
佐用町では漆野(段)、宝蔵寺、林崎、東徳久、西下野、漆野(本村)、宝蔵寺の7地区で合計約130万本ものひまわりが咲き誇る圧巻の景色楽しむことが出来ます。また南光地区ではひまわり祭りが行われ、花火や迷路などさまざまなイベントが開催されます。
2016
御船山楽園
御船山楽園は、武雄鍋島家ゆかりの15万坪の広大な庭園です。武雄のシンボル御船山の断崖を借景に、3年の歳月をかけて造られました。春は桜やツツジ、藤が咲き誇り、夏は新緑、秋は錦絵のような紅葉が広がり、冬は山茶花と、四季折々の景観が楽しめます。ライトアップされた庭園は幽玄の世界! 庭園を堪能できる素敵な宿もあります。武雄は佐賀を代表する温泉郷で、美肌の湯としても有名。
2017
昼間の醍醐寺・弁天堂
醍醐山の山麓から山頂にかけて広大な敷地内に金堂、五重塔、薬師堂などが立ち並ぶ、京都市内最大の寺院で、真言宗醍醐派の総本山。春の桜で有名な醍醐寺にはモミジ、ドウダンツツジなどの落葉広葉樹も多く、秋には見事に紅葉する。特に弁天道付近の紅葉は圧巻の美しさを有する。三宝院は寝殿造と書院造からなる桃山建築。表書院前に広がる庭園は豊臣秀吉みずからの設計とされ、特別名勝・特別史跡に指定されている。霊宝館には十数万点にもおよぶ寺宝が収蔵・保存され、春と秋に特別に公開される。また世界文化遺産にも登録されています。
2019
Back to Top